2018年10月22日 21:05

英検1次合格発表〜おめでとございます

ブログへのご訪問ありがとうございます。

英検1次試験に合格された皆さん、おめでとうございます。
3級以上の合格者は、2次試験目指して頑張りましょう。その際、過去問は必ずやっておくといいと思います。過去に出た質問が、また出ることがあります。

残念ながら、不合格になった皆さん、来年1月目指して頑張りましょう。その際、自分のスコアを見てどこを一番伸ばさなければいけないのか、そのためにはどうすべきなのか、具体的なことをしっかり考えてから取り組むべきだと思います。色々方法はあるかと思いますが、やはり過去問あるいは過去問に近いものを徹底的にやるべきだと思います。

ただ、答え合わせするだけでは力がつきません。例えば、語彙問題のところだと、問題文の意味理解、選択肢の意味理解、そして正しい答えを入れて音読するなど、答え合わせをした後、どのように復習していくかが大切です。また、復習の回数も時間をおいて3回はやっておくといいと思います。やりっぱなしでは、決して力になりません。

ところで、今回なんと3点足りなくて、準1級合格に至らなかった受験者もいました。 A さん本当に、本当に残念でした。しかし、きっと次回は合格できるはず、高得点を目指して頑張りましょう。お疲れ様でした。





  


Posted by tk │コメント(0)

2018年10月15日 21:50

あ〜進路指導

ブログへのご訪問ありがとうございます。

進学校の進路指導は、何のためにやっているのか疑問に思うことがあります。生徒本人のため?あるいは学校のため?

ある学校では、半ば強制的に名大とかかせる例もあるとのことです。

名大には合格する力は、あるのだけれども、自分の希望する学科がないので、そこよりも偏差値の低い大学の名前を書いたところ、担任より書き換えて欲しいと言われたとか...。

あるいは、自分の希望大学を書いたら、そこは絶対認めないという先生もいるとか.... または、希望書には名大は必ず入れるようにとか....。

もっとびっくりした例は、国公立大学には全く受ける予定もなかったのに、成績がいいため、ぜひ、受けて欲しいと何度も先生から説得された生徒もいるようです。結局、説得に負け、受けることにしたそうです。現在は、もちろん第一志望の私立大学で元気にやっているそうです。

もちろん、一方で生徒の適性や希望等を考慮して的確にアドバイスを出したり、生徒の立場になって頑張っている先生もいるとのことです。そういった先生に会うことができた生徒は、本当に幸せです。

自分の場合、進路は先生にも親にも相談せず全て自分で決めました。






  


Posted by tk │コメント(0)

2018年10月13日 00:15

かつての教え子

カテゴリ:留学
ブーログへのご訪問ありがとうございます。

一昨日、かつての教え子が豊田に来てくれました。
 現在、ニューヨーク州立大学で研究員としてレーザーの研究に打ち込んでいます。永住権もとれ、かつ、自分将来の転機を迎えることになったので、一時帰国したとのことです。

 きっと大学で、いいポジションにつくことができたのかと思って聞いたところ、そいう可能性もあった。が、結局は、シリコンバレーの会社に行くと決断。彼曰く、大学の先生って楽に見えるけれど、彼の指導教官を見るとかなりハードとのこと。それだったら、より条件がよく、自分のしたいことができる民間の会社で働いた方が賢明。おまけに、教えるのは自分に合っていない、などと言っていました。

 新天地で、さらに花が開くことを祈っています。

 





   


Posted by tk │コメント(0)

2018年10月07日 21:58

英検一次試験終了

カテゴリ:英検
ブログへのご訪問ありがとうございます。

本日英検一次試験終了。受験されたみなさんお疲れ様でした。

 明日の午後から英検のサイトで解答速報が出ます。まずは、自己採点してみて、英作文以外で60%以上の(3級から2級)の正答率があれば、二次試験の準備を進めた方がいいと思います。
 特に準2級以上の場合は、しっかり面接試験の準備をしておくべきでしょう。

今回は、K塾でも3級と準2級の本試験を実施しました。試験途中で地震が起こってちょっと心配になりましたが、その後何も起こらず無事終了することができホッとしています。

  


Posted by tk │コメント(0)

2018年10月03日 15:48

NHK実践ビジネス英語

カテゴリ:英語
ブログへのご訪問ありがとうございます。

 最近、NHK実践ビジネス英語にはまっています。今までは、ただただビネエットのディクテーションを中心にやってきました。ただ、ディクテーションをやるだけでは、つまらないので、得点化しています。

全部できた場合、つまりノーミスのとき100点とし、聞き取れなかった単語1個につき1点減点していくという方法です。これまでの最高点95点、最近は85点から90点の間をいったりきたり。

当面は、90点以上、そして95点以上、さらに満点を目指しています。できれば来年の3月までには。

 ディクテーションだけでは力がつかないので、本文の英訳やリテンションに取り組んでいます。最近、短期記憶の劣化に悩まされている自分にとって、リテンションはいい訓練法だと思っています。


また英訳は、繰り返してやることがとても大切だと感じています。9月分はもちろんですが、7月分、6月分と遡ってやっています。

 一人でやるのは、結構しんどい作業です。もし、NHK実践ビジネス英語を取り組んでいる近郊の方がいらっしゃれば、一緒に勉強しませんか。
 
  


Posted by tk │コメント(0)

2018年10月01日 09:12

台風と英検クラス

ブログへのご訪問ありがとうございます。

昨日、台風のため英検準1級のクラスを休講に。試験前なので本当はやりたかったが、、残念。

午後6時ぐらいまでは、それほどひどくなかったこと、そして天気予報を見ると午後9時ぐらいから本格的になりそうだったので、ひょっとしたら午後7:30という通常の時間でスタートできると、思ったのですが、、

しかし中止してよかったと思います。8時過ぎた頃から強風が始まり、仮に実施しても天気が気になって、勉強どころではないかもしれません。やはり、無理は禁物です。

さあ、残りあと試験まで一週間です。これからは、これまで取り組んだ問題でできなかったものを確認する、あるいは、過去問を本番と同じ時間で3回解く、語彙がどうしても弱いのであれば、これまでの語彙問題を全て取り組む、リスニングだと通勤、通学の時間に毎日聞くなどすることが大切です。要は、ポイントを絞って学習することです。

また、試験当日の体調がとても大切です。体力、気力が充実していれば、自分の力を最大限に出すことが可能です。ぜひ、これからの一週間しっかり体調管理して、ベストの状態で試験に臨んでください。

今回、豊田での公開試験会場は、受験者より豊田大谷高校、中京大学だと聞いております。中京大学の方は、駐車場の利用が可能です。しかし、大谷高校の方は、全くありません。また、学校近辺に駐車するところもないそうです。  


Posted by tk │コメント(0)

2018年09月24日 21:21

あ〜残念。

カテゴリ:K塾カテゴリ:英語カテゴリ:小集団/個別指導
ブログへのご訪問ありがとございます。

期末テストでは、開講した中3の社会、理科では、ほぼ満足のいく結果を得ることができました。しかし、残念ながら英語、数学がその分ダウンしてしまった受講生がいました。どうやら不得意だった、社会、理科に時間配分を多くしたために、その分数学、英語に手が回らなかったとのことです。

塾では、英語や数学の過去問やプリント問題をやっても、ほぼこれまでの通りの成績だったので、今回のテストでは学年総合で良い結果を出るものと期待していましたが,,,。とても残念です。

しかし、そうはいっても結果は変わりません。11月の学力診断テストに向けて前進します。次回はそうならないように、さらにきめ細かく指導していきます。

  


Posted by tk │コメント(0)

2018年09月20日 10:39

永住権取得

カテゴリ:留学
ブログへのご訪問ありがとうございます。

「米国での永住権<グリーンカード>を取得できました。」と、昨日札幌の留学専門予備校で教えていたH君から連絡が入りました。

トランプ政権になって、グリーンカードの取得は難しくなったのではないかと心配していたのですが、申し込みから約2年で取得できたとのことです。

H君おめでとうございます。

これで、アメリカの大学で安定した身分で、研究を継続することができるようになって本当に良かったと思います。今後の活躍と再会を楽しみにしています。



  


Posted by tk │コメント(0)

2018年09月18日 13:53

期末試験の結果

カテゴリ:小集団/個別指導
ブログへのご訪問ありがとうございます。

連休明けの今日から、本格的に中学生の期末試験の結果が返ってきます。

今回は、特に気になります。それは、夏休みから中3は本格的に理科/社会クラスを開講し、そして中2には理科も特別対策講習をしました。これまで、数学と英語だけにしていたのですが、受講生と保護者の方の希望があり、思い切ってオープンすることにしました。

従って特に理科と社会の結果がとても気になるところです。
すでに中2のA君から理科は過去最高点だったとの嬉しい報告がありました。満点まであと数点。惜しい!
 



  


Posted by tk │コメント(0)

2018年09月15日 12:40

期末試験対策から英検対策へ

久しぶりの投稿です。

昨日で中学校の前期期末試験が終了。

そして、今日から10月7日に向けての英検対策講習が本格的に開始。準1級、準2級、3級それぞれ全員合格を目指して頑張ります。合格ラインをクリアしている子は、心配ありませんが、当落上にいる子は、残り1ヶ月の取り組みで大きく変わります。そういった受験者にとっては、いかに英検に集中させるかどうかが大きなキィーとなります。

これは、とてもとても大事です。



  


Posted by tk │コメント(0)

2018年07月02日 14:07

英検会場〜駐車場

カテゴリ:英検
ブログへのご訪問ありがとうございます。

昨日は、英検2次試験A日程がありました。受験された皆さんお疲れ様でした。

 豊田では、中京大学と壮若高校で実施されました。昨年まで確か、受験者用の駐車場が用意されていなかったと思いますが、今年は両方の会場で駐車場が用意されていたとのことです。また、来週はB日程の受験が行われますが、こちらの会場は中京大学です。ですので、こちらの方も駐車場が利用できます。

 やはり、車で直接行けるというのは、便利です。特に豊田の場合、公共交通機関の利便性があまり良くないので、助かります。

 さて、B日程で受験する、Aさん、 Bさん今週は最後の特訓です。高得点での合格を目指して頑張りましょう。

  


Posted by tk │コメント(1)

2018年06月25日 22:07

選手もサポーターもすごい!

ブログへのご訪問ありがとうございます。

昨日は、ワールドカップ対せネルガル戦を見ました。本当に緊張感に溢れたとてもスリリングに溢れた試合でした。終了後すぐ眠ろうと思ったのですが、興奮して眠らず、明け方近くまで起きてしまいました。

しかし、それと同時に素晴らしいのは、現地に応援に行ったサポータの人たちです。ゴミ袋を持参して、ゴミを拾って帰る。日本のサッカーと同様、これも世界に誇れるマナーの一つです。

 でも、このマナーはすぐに身につけることはできません。学校での掃除活動が大きく貢献していると思います。この掃除は、米国の先生の間でも高く評価されています。

 自分がアメリカで、学校で掃除を経験している子供たちとそうでない子供たちを教えたことがあります、そこには大きな違いありました。つまり、掃除をしている方は、教室に落ちているゴミを拾おうとします。しかし、そうでない子は、そのまま放置です。拾うように促すと、「用務員さんの仕事がなくなるから、私は拾わない。」と言い返して来ました。





  


Posted by tk │コメント(0)

2018年06月24日 21:34

1学期期末テスト(高校)

カテゴリ:英語
ブログへのご訪問ありがとうございます。

いよいよ今週から高校生は、学期末テスト週間に入る。

そのため、今日の準1級クラスは、全員が高校生なので、特別に期末試験対策に当てる。進学校の英語の定期試験は、本当に難しい。各中学校のトップクラスが集まっているため、通常の試験だと平均点が高くなる。したがって、英検1級合格者でも全部解けきれないように問題数が多く作ってあるとか、、レベルの高い問題が出てくる。そのテストで高得点を取るのは、相当できる子となる。

中学時代、英語が得意と自認している子でもこのようなテストに会うと、一気に自信喪失し、英語嫌いになる場合がある。これを克服するには、高校の授業にあった勉強をしていかないといけない。また、時間も相当かけなければならない。

それでは、どうするか。まずは、勉強時間を増やす工夫をしなければならない。登校時、風呂の入っている時などの隙間時間を有効に使っても勉強できるようにする必要がある。そういった工夫をしなければならないだろう。

  


Posted by tk │コメント(0)

2018年06月20日 13:48

番狂わせ

カテゴリ:英語
ブログへのご訪問ありがとうございます。

昨日の日本とコロンビアの試合、日本が勝って本当に良かったですね。ホッとしました。それにしても、日本はある意味ラッキーだったと思います。

しかし、このラッキーさを勝利に結びつけることができるようになった。つまり日本は進化したんということですね。

というのは、2014年のギリシャ戦も確か、ギリシャもペナルティーが課せられ、10名で日本と戦うことになったのです。日本は残念ながら得点を上げることができず、ドローとなってしまいました。結果、一勝も上げられず、予選リーグ敗退。しかし、今回は、同じような状況で、点数を入れて勝つことができた。

これに関する記事を英字新聞を見ていると、日本が勝ったのは「番狂わせ」という表現がありました。

「番狂わせを演じる」=put off an upset

Japan became the latest team to pull off an upset at the World Cup, joining Mexico, Switzerland and Iceland in earning unexpected results.

訳:日本は、ワールドカップで番狂わせを演じた最後の国となり、予期しない勝利を勝ち得たメキシコ、スイス、アイルランドと同列になった。

  


Posted by tk │コメント(0)

2018年06月18日 15:39

英検1次合格発表〜英作文満点(2級)

ブログへのご訪問ありがとうございます。

本日英検1次試験の合格発表。

合格されたMさん(2級)、H君(準2級)おめでとうございます。Mさんは、英作文で満点(650/650)を獲得、そして総合スコアでも準1級の合格点をクリア。
 
7月1日(日)あるいは8日(日)実施の面接試験に向けて、しっかり準備をしておきましょう。過去問にしっかり取り組むことが大切です。過去に出された質問が繰り返し出ることがあります。

今回残念ながら、合格できなかった皆さん、22日にに公開される受験結果の詳細を参考にして、合格への対策を考えることが大切です。何をしっかりやらなければならないのか。これがポイントです。
 これまで、3級、準2級、2級と常に高得点をとって一回で合格してきたAさん、準1級は残念ながら届かず。今で以上に時間をかけて対策する必要があります。次回に向けて頑張りましょう。

  


Posted by tk │コメント(0)

2018年06月16日 11:45

ホッとひと息、そして英検

カテゴリ:英検
ブログへのご訪問ありがとうございます。

中学校、そして私が教えている高校の定期試験も完了し、今日の午前中はホッと一息つける。

午後からはToastmastersの例会。

夜は英検準2級のクラス。このクラスでは7月にある面接に向けての対策を開始中。面接カードの絵に出ている人の動作を英語で説明するところが、ポイントになると思っているので、そこをまず強化中。動作を示す語彙を知らないと全く対応できないので、このところを数多くやるようにする。

また、これと同時に本番と同じ形式の模擬面接を何回も実施。結局のところ、実力を発揮できるようになるには、慣れが一番。従って最終段階の模擬面接では、入室から退室まで、つまりドアのノックしてから面接室に入り、試験が終了し、英語で挨拶を交わして退室までの過程をしっかりチェックします。


〜現在生徒募集中〜
◇小学生英語、算数
◇中学生英語、数学
◇高校生英語(授業の補習から大学入試ませ)
◇英検3級から準1級
◇TOEIC
  


Posted by tk │コメント(0)

2018年06月12日 21:40

小学生の英語教材

カテゴリ:BBカード
ブログへのご訪問ありがとうございます。

英語の学習は楽しいのが一番。特に小学生はそう思います。

小学生のクラスは、BBカードを使ってビンゴなどのカードゲームをしながら、基本文を自然に覚えていきます。ゲームする際の最低限の決まりは、必ず、先生あるいはリーダーが言った英文を声に出してリピートすることです。ゲームに夢中になればなるほど、英文を覚えていく量が増えていきます。また、基本文を覚えるとビンゴをしながら、疑問文や否定文、あるいは、時制の変換などといった文法事項も入れていきます。これをワークブック等を使って行うと結構大変ですが、BBカードでやると割とスムースに入っていきます。
 
子供達も自分も、BBカードが大好きです。この教材に会えて本当によかったと思います。英語を楽しく勉強したいと思っている小学生に絶好の教材です。

BBカードの詳細は下記にアクセスしてください。
http://www.selm-j.com/bbcard

  


Posted by tk │コメント(0)

2018年06月10日 17:47

英語満点獲得!

カテゴリ:英語カテゴリ:小集団/個別指導
ブログへのご訪問ありがとうございます。

中間テストが終了した中学校では、次々とテストが返却されています。その中で中1の英語に満点(100点)ホルダーが現れました。おめでとうございます。

テストで満点を取ることは、とても難しい。中1の前期中間テストは、一番満点が取れやすいと言われています。しかし、これまで高い学力を持った子が挑戦してきていますが、ちょっとしたミスで逃した子がたくさんいます。そのちょっとした違いが大きな違いを生み出しまています。

満点を取った子の答案を見てみると、一字一字とても丁寧でしっかりと書かれています。そこに隙がない。さすが、満点の解答です。


〜生徒募集中〜
小学生〜英語、算数
中学生〜英語、数学
高校生〜英語
英検(3級から準1級)
TOEIC  


Posted by tk │コメント(0)

2018年06月08日 11:35

英語の民間試験

カテゴリ:英語カテゴリ:英検
ブログへの訪問ありがとうございます。

2020年度以降の大学入試における英語の民間テストで何がいいかと考えると、当面はやはり英検が一番いいのではと思います。それは以下の理由によります。

(1)試験形式が学習者にとって馴染みやすい。
(対策本や過去問が豊富)
*テストで成果を出すためには、テストになれるということがとても大切です。TOEFL, IELTはとてもいい試験だと思います。しかし、英検よりもその対策に多くの時間が必要となるでしょう。また、TOEICは、ビジネス英語なので高校生には向いていないと思います。

(2)試験会場が多い。

(3)受験料が他よりも安い。(ただし、今後変わるかもしれません。)

それにしても大学入試は大きく変わってくるものの、それに合わせて高校入試はどうなるのでしょうか。今のところ大学入試に合わせて変わることはないようです。そうすると、日々の授業が以前と変わっていかないことになり、その不足していく部分は個人で補っていくことになりそうです。つまり、「話す」、「書く」ということを意識的に取り組む必要があるということになります。
  


Posted by tk │コメント(0)

2018年06月06日 21:47

従来の英検と新方式

カテゴリ:英検
ブログへのご訪問ありがとうございます。


今日英検協会から、「特設ウエブサイト」「従来の英検と新方式の英検を知ろう」のご案内のファックスが送られてきました。

 すでにご存知のことと思いますが、2021年度から大学入試制度が変わり、英語試験には英検やTOEFLなどの外部資格検定試験が活用されることになりました。それに伴い英検は、従来実施してきた試験に、新たに3つの方式が加わることになりました。

 試験の内容は全く変わりませんが、試験の実施方法によって4つの形式になります。

 (1)従来型(筆記試験、合格者のみ面接試験あり) 2日日程    
 (2)英検2020 2days S-Interview(筆記試験+面接試験)2日日程
 (3)英検2020 1day S-CBT(筆記試験+コンピュータによる面接試験)1日日程
 (4)英検CBT (コンピュータ上での試験)1日日程

 このうち大学入試英語成績提供システムを入試する場合、つまり現在の高校1年生が、大学入試で活用できるものは(2)、(3)、(4)のみとなるとのことです。
 (1)と(2)は実施形式はほぼ同じです。違いは、受験者全員面接を受けるかどうかだけです。また、(2)は高3にならないと受験できないようになっています。
 ですから、協会が言っているように高校2年生まで従来型の英検やCBTを受けて慣れておくといいと思います。

詳細は下記のサイトをご覧になってください。
http://www.eiken.or.jp/eiken2020/

〜現在生徒募集中〜
◎小学生〜英語(カードゲームをしながら英語を楽しく学習しています)
◎小学生〜算数(特に計算が速く的確にできることを主眼に、現在二桁の掛け算の暗算に取り組んでいます。)
◎中学生〜英語(学校の授業に対応し、英語の評定は4以上を目指しています。)
◎高校生〜英語(学校の授業補習から大学入試まで。)
◎英検〜(3級、準2級、2級、準1級:準1級のクラスには高1、高2がきています。全員来年1月までに合格するぞ!という気持ちで取り組んでいます。)

   


Posted by tk │コメント(0)